ハトの生態や特徴を知って、ハト被害を防ぐ!卵や巣への対処法も

ハト対策専門家が語ります
正しいハトの習性を知って被害予防に役立てよう

こんにちは!
みんなのハト対策屋さんの遠藤です。

もしあなたがハトの被害に悩んでいたら、ぜひお伝えしたいことがあります。それは…

「ハトの生態を知ると、ハト対策や鳩よけに役立つ」ということです。

ハトは人の家に住みついて、巣を作ったり、子どもを産んだりします。一番の被害は、家が大量のフンで汚されること。また、鳩を放っておくと、あなたが知らないうちに、お隣さんやご近所さんに迷惑をかけているかもしれません…。

でももし、ハトの生態について知っていれば、ハトの被害にあう確率が少なくなるとしたら…。ハトについて、少し知っておこうという気持ちになりませんか?この記事では、ハトの生態、種類、どんな被害をもたらすのか、その他、卵・雛・巣についてなどなど、ハトという生き物について紹介していきます。

▶︎今すぐ鳩対策をしたい方はコチラ

人に被害をあたえるのは「ドバト」。鳩の種類を解説します。

私たちの家のベランダにやってきて、フンをしたり、巣を作ったり…。そんなハトの被害のほとんどは、「ドバト」によるもの。このドバト、じつは外国から日本に持ち込まれた「外来種」なんです。

一方、日本の在来種のハトは、カラスバト属、キジバト属、ベニバト族、キンバト属、アオバト属の5属(5種類)です。まずはドバトの特徴や生態からみていきましょう!

人に被害を与えるハトは、2種類。鳴き声や色で見分けよう。

ドバト
トバト
  • 繁殖力が強い
  • 街の建物に巣を作る
  • 鳥獣保護法により、捕獲や処分は禁止されている

中央アジアやヨーロッパなどにいる「カワラバト」のなかでも、飼育/家畜用のハトが「ドバト」と呼ばれています。もともと野生のハトでしたが、人に慣れやすいので、食用や伝令用のハトとして利用されてきました。

1500年ほど前に日本に入ってきた外来種でもあります。

緑色に光る首元!ドバトの特徴

公園や街中でよく見かけるハトですね。見た目の特徴は、緑色に光る首元。また、繁殖力が強いので、数が増えています。群で行動するのも特徴で、最大では100羽を超す群れも。 自分に対しては、ものすごく執着心が強く、一度巣を作った場所には何度も巣を作ろうとします。

「巣を撤去したのに、3日後にまた巣を作られた…」
「追い払ったのに、しつこく何度もやってくる…」

私たちみんなのハト対策屋さんにも、毎日しつこいドバトに悩まされている方からの電話がかかってきます。ドバトの駆除は、一筋縄ではいかない難しさがあり、高度な技術が必要。鳥獣保護法で守られているため、一般人が捕獲したり駆除・処分することは禁止されています。

お困りの方は、こちらからハト対策の専門家に相談してみることをオススメします。

ドバトはどこに住む? 生息地について
  • 市街地
  • 海沿い
  • 岸壁

コンクリートの建物、橋桁、高速道路など、人工的な建造物に巣を作り、数を増やしていきます。

キジバト
キジバト

「デデ、ポッポー」
キジバトは、この鳴き声ですぐわかります。全体的にやや赤みがかった色で、羽は鱗(うろこ)のような模様になっています。

「デーデー・ポッポー」鳴き声でわかる!キジバトの特徴

昔から日本にいるハト。全体的に灰色で、やや赤みがかった茶色をしています。オスとメスの2羽での行動が多く、なんといっても鳴き声が特徴。このキジバトの鳴き声、かなりうるさいのです…。食用として昔から食べられていて、最近ではジビエ料理としても人気。

キジバトはどこに住む? 生息地について

ドバトよりも街で見ることは少なく、山林・雑木林などで多く見られます。木に巣を作り、木の実や穀類を食べます。ただし最近は、都会や人の生活圏で見かける機会が増えています。

野生のハトの種類:天然記念物やキレイなハトも

アオバト
アオバト

鮮やかで、美しい緑色をしています。広葉樹林に生息し、10羽ほどの群れで行動することが多いです。小枝を組み合わせたお皿のような巣を、木の上に作ります。海水を飲むので、海岸で見かけることもあります。名前の通り、「アオー・アオー」「ウーウー・ワァーオー」など、うなるような鳴き声が特徴。

シラコバト
シラコバト

全体的に白っぽい灰色。住宅地や林などに生息。天然記念物に指定されていて、埼玉県の県鳥です。「クッ、クー、クッ」「ポッ、ポー、ポッ」という鳴き声が特徴。

カラスバト
カラスバト

本州より西の、太平洋側に生息。繁殖力が弱いため、数が減っている。国の天然記念物に指定されています。鳴き声は「グルルッ」「ウーウウ―ッ」。

キンバト
キンバト

沖縄の八重山諸島の森林に生息。数が減っており、国の天然記念物に指定されています。鳴き声は「ホッホロロー」「コッコロロー」。その他にもベニバトなどがいますが、日本で見かけることは少なくなっています。

大量のフン、お隣さんへ及ぶ被害…ハトの被害について

コンクリートに付着したハトのフン

ハトが人の家に住みつくと、いろんな害があります。いちばんは、大量のフン。フンだらけのベランダは、入りたくないですよね。鳩の糞には、病原菌やウイルスが付いていることがあり、感染する可能性もあります。

また、マンションやアパートなど集合住宅では、お隣さんにフンの被害が及ばないよう、十分な注意が必要です。

※私の経験上からも、ハトの被害がお隣りやご近所さんに及ぶ、というケースはかなり多いです。トラブルに発展してしまう方も、少なからずいらっしゃいます。

フンの害や掃除方法については、こちらの記事をご覧ください。

ハトの被害にはレベルがある?

ハトの被害には、何段階かのレベルがあります。ここでは、3段階に分けてハトの被害を考えていきます。

頻度 フン ハトと被害の様子
初期 たまに来る 少量 昼間・日中に、休みに来る。被害は少ない。
中期 日常的に来る 多い 住める場所かどうか、確かめている。洗濯物が汚れる。
後期 巣を作られた 大量 1日中滞在する。簡単には出ていかない。大きな被害。

被害レベルに応じて、対策も変わります。
詳しくはこちらの記事へどうぞ。

ハトはなぜベランダに巣を作るの?

ベランダを好むハトの習性

なぜ、ハトは「人の家のベランダ」に巣を作るのでしょうか?他にも作れそうな場所はたくさんあるのに、なぜ…?この疑問を解くには、ハトの習性を知る必要があります。

ベランダは、子育てするのに安全な場所だから

まず、ハトは夫婦になると、一生をともに過ごします。そして、多い時は年に5〜6回も卵を産みます!子育てのために、天敵であるカラスや猫に狙われない、安心できる場所を探します。

またハトは、周りを囲まれている場所に安心感を感じるようです。よく言われるのが、「3つの面を囲まれた場所」を好むということ。そう考えると、ベランダはハトにとって安心できる最適な場所になるのです。

ベランダのなかでも、室外機の裏側や、植木鉢や荷物のものかげなど、死角になる場所がとくに安心できると考えられます。マンションの空き部屋のベランダは、ハトにとっていちばん都合のよい場所。また、昼間に人がいない家も、ハトは「敵が居ない」と認識するので、巣を作られやすくなります。

ハトに巣を作らせないためのポイントは、「ここは人間の住むところ」とハトにアピールすること。ハトのフンがある場所は、「自分たち=ハトのエリアだな」と勘違いして、住み着いてしまうのです。

ベランダはハトにとって「水飲み場」にもなるから

ベランダには、「ドレン」があります。
※ドレンとは、雨水や汚水、生活排水などを流すための溝やパイプのこと。また、エアコンの室外機から出る排水液のことも指します。排水に使われるパイプは、ドレン管と呼ばれます。

ハトにとっては、そのドレンや雨樋(あまどい)が近くにある場所は、飲み水がある「水飲み場」なのです…!ハトが来ないように、水気がないようにしておきましょう!

ベランダ以外に、ハトが巣を作りやすい場所

倉庫、工場、学校、病院、駅、神社、寺など薄暗い内部の建物も、ハトは好む傾向にあります。

神社やお寺にはハトのエサが用意されていることが多く、当然ハトが住みつきやすくなります。
このように、ハトは「周りを囲まれた場所」「入り組んだ場所」に巣を作る本能があります。

台所にハトのフンが…一体なぜ?

キッチンで料理をしていたら、上からハトのフンがポトリ…。換気扇の方で音がするので見てみると、ハトがいた…!

これ、けっこうあるケースなんです。換気扇のフードの中にも、ハトは巣を作ります。

一戸建は、太陽光パネルに注意!

一戸建ての場合は、

  • 太陽光パネル(オール電化住宅の場合、とくに注意!)と屋根の間
  • 雨樋(あまどい)の戸袋のなか

などが狙われやすいです。

一度住みついた場所=自分の巣に対する執着心がとても強い

ハトは、自分の巣に帰る「帰巣本能」がとても強い生き物。その帰巣本能を活かして、伝書鳩やレース鳩として活躍してきた側面もあります。

例えば昔の新聞記者は、ハトの強い帰巣能力を活用して、伝書鳩を使っていました。

遠く離れた現場から新聞社まで、伝書鳩が記事を運んでくれたのです。屋上にハトを飼っていた新聞社もあるとか。驚きですね。

逆に言うと、「ここは私の家だ!」と一度思い込んだら、何度追い払っても、そう簡単には去ってくれません。

一説によると、ハトは「場所」「人の顔や姿」などを覚える能力もあるようです。例えば、一度エサをくれた人のもとには何度も来るとか…。1キロほど先にいる人の顔を見分けられる、という説もあるほど。

「この人(場所)は安心だ」と思われないように、ハト対策をしっかりしていきましょう!

ベランダにハトの巣ができた時の正しい対処法

もし、あなたの家のベランダにハトの巣が作られてしまったら、かなり大変な戦いになることを覚悟しましょう。

→鳩の巣の撤去方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

ハトの行動パターンを知って、ベランダのハトの被害を予防しよう。

ハトの行動パターン

ここでは、ベランダにハトが来る時の行動パターンを解説します。

1.ベランダと同じくらいの高さの場所にとまる。

ハトは、「あそこのベランダがよさそうだ」と狙いを定めたら、ベランダが見える場所にとまって様子をうかがいます。よくあるのが、ベランダの反対側(正面)にある建物の、屋上や電線などにとまること。

2.次に、実際に狙ったベランダに飛んできて、確認をします。

最初は警戒して、端にとまります。ベランダの手すりなどにとまることが多いです。この時、最初に「狙った家の隣の家のベランダ」にとまる→その後、狙った家のベランダに入ってくる。という行動をとることがあります。

警戒して、このような慎重な行動をとるハトも多いです。手すりにとまっているハトは、休憩している場合が多いです。ただし、その休憩中に「ここは巣としてよさそうだ」と思われたら、巣を作られてしまします。

そうなると、苦しいハトの被害がはじまってしまいます…。ハトに巣を作られない対策をまとめます!

  • ベランダをこまめに掃除し、清潔に保つ。
  • 巣の材料になる、針金、木の枝、ダンボールや荷物を置かない。

繰り返しますが、ハトのフンはすぐに掃除しましょう!
ハトは自分のフンにすごく執着するので、フンがあると来る頻度が一気に高くなります。

→詳しくはこちらの記事へどうぞ。

中途半端な鳩よけネットは、逆にハトに心地よい場所に

これはよくある間違いなのですが…。

「ネットをただ垂らしただけ」
「100円ショップなどの鳥よけネットを設置してみた」

などの中途半端なやり方では、ネットの隙間からハトが侵入してきます。

「ネットはあるけどハトが入り込める」

この状態では、かえってハトにとって住みやすい安全な家になってしまうのです。天敵もいませんからね…。

ハトがベランダに卵を産んだ時の注意点

ハトの卵

ハトの卵は、処分したり採ったりしてはいけません。
※ハトの捕獲や駆除は、鳥獣保護法で禁止されています。

「ベランダで鳩が卵を産んでしまったよ」こんな時は、自分で手を出してはいけません。

ちなみにハトは、卵を2個産むという特性があります。ハトの卵が孵化するまでには、およそ18日間。ハトの卵の大きさは、ウズラの卵くらいで、小さめです。巣立ちまでは1ヶ月ほど。

このようにハトの雛は短期間で成長します。動物のなかでも、この成長速度はトップクラスです。もう1つ、注意することがあります。それは、雛のフンです。

雛は孵化して3〜4日目くらいから、フンをします。
※もちろん親のフンも心配ですが…。

フンがお隣さんのベランダや家にいかないように、注意しましょう!
ベランダであれば、お隣さんとの境目をしっかりふさぐなどの対策を。

ハトの雛(ヒナ)が産まれた!雛を保護する時の注意点

「ハトが卵を産んで、雛が産まれた」
この場合は、2つの選択肢があります。

  • 雛が巣立つまで見守る
  • ハト対策の専門業者に依頼して、撤去してもらう

※みんなのハト対策屋さんでは、ベランダにハトの雛がいる場合も、安全に撤去する方法をとっています。
お悩みの方は、こちらからご相談・ご依頼ください。

もし、鳩の雛が巣立つまで見守る!と決めた方は、注意していただきたいことがあります。

  • お隣さんに雛が歩いていかないよう対策をする
  • 雛のフンを、スグに掃除する
  • 鳩の巣に虫がわくことがあるので、虫対策もする
  • 「このベランダは住み心地がいい!子育てにいい!」とハトに認識されて、新しい巣を作られる。

最後の注意点に関して。

  • ハトは1年間に7回ほど繁殖できるので、同じハトにまた巣を作られる。
  • 他のハトにも目をつけられ、新しい巣を作られる。

この2つの可能性があります。

だから鳩の繁殖力は強い:ミルクで1年中子育てできるハト

子育てしているハト

ハトは、植物性のエサだけで生活できる鳥です。そのため、基本的には1年中繁殖(産卵・子育て)ができます。
※虫を食べる場合、虫が育つ春〜夏が繁殖期になりますよね。でもハトは、虫が少なくても、植物を食べて生き延びられるのです。

時には、育児中に、次の繁殖活動を開始するハトもいるほどなんです。

ハトは生まれた後、1ヶ月ほどすると巣立ちます。そして6ヶ月後には、発情して繁殖期に。1日に数回交尾をする場合もあるほどです。

また、エサの少ない季節でも、ハトは「ピジョンミルク」という栄養豊富なミルクを雛に与えることができます。哺乳類以外でミルクを与えられる生物はめずらしいです。ハトが1年中繁殖することができるのは、この「ピジョンミルク」のおかげもあるんですね。

鳩の天敵とは?

ドバトの天敵は、カラスやタカ、ワシ、フクロウ、猫などがいます。タカやワシは肉食なので、時にはハトを襲って食べることも。

ただし、そんな危険なタカ、ワシ、フクロウなどは、人の住宅地や生活圏内にはほとんどいません。都会に多いカラスや猫は、エサが豊富にあるので、わざわざハトを襲うことも少ないのです。

つまり、都会に住むドバトは、あまり天敵に怯える必要がないのです。

鳩の好きな食べ物は何?

現代のドバトは街や都会に住むことが普通になっていますので、そうなると自然と人間の出すゴミ、食べ残し、エサなどを食べるようになります。

街のドバトにとっては、人間の食料のゴミが、主な食料源なのです。その意味では、人間の生活がハトを街や家に呼び寄せている、とも言えるかもしれません。さらに、本来は山林地域に住むキジバトも、都会で見かける姿が多くなっています。街路樹などに、木の枝を集めた巣を作ります。

他の野生のハトは、基本的には植物性のものを好みます。植物の種、穀物、豆、米、麦など、基本的には山や林にあるもの。そのため、大豆、稲、麦などの農作物の被害が多くなります。都会とは違ったハトの被害が、そこにはあります。

【ハトに餌はあげないで!】

ハトに餌をあげると、ハトの繁殖が増えます。そして、近くのマンションやビルのハト被害が増えることになります。

公園や街のハトにエサをあげるのは、やめましょう。

鳩が集団で飛ぶ理由

鳩の群れ

ハトは群れで飛ぶことが多いので、統率の取れた生物だと思う人もいるかもしれません。ただし、ハトの群れにはリーダーが居ないのです。

集団で同じような動きをしているのは、ハトが周りの動きに合わせて瞬間的に動いているからです。ハトの視界は広いので、周りの動きに合わせやすいんですね。

集団で飛んでいる理由は、もうひとつあります。

天敵に襲われにくい、というメリットがあります。やはり1羽で飛んでいるより、数十羽で飛んでいたほうが、敵も襲いにくいのですね。

集団で飛んで身を守りながら、安全に巣を作れる場所を探すのです。ドバトは市街地や住宅地を飛びながら、営巣場所を探しています。自分の家が狙われないよう、エサとなるものがないか、キレイに片付いているか、チェックしてみましょう。

また、ハトは、磁気を利用して飛んでいます。初めて行った遠い場所からでも、もとの巣にしっかりと戻ることができるのです。体の中にコンパスの機能がある、とも言われています。

ちなみにハトのレースでは、なんと1,000キロ離れた場所からでも、巣に帰ってこれるほどです。すごいですね…。

ハトが自分の巣に執着する、帰巣本能が強いのも、このようなハト独自の性能も関係しているのです。

なぜ同じ場所にフンをする…?鳩の行動を考えて、ハト対策の戦略を!

ハトは、同じ場所に何度もフンをします。(やめてほしいですね!)
じつはこれ、ハトが「同じ場所、同じ行動を好む」という習性も関係しているんです。

  • 広く見渡せる、高いところ
  • 休憩するところ
  • エサを獲るための準備をするところ
  • 巣作りをするところ
  • 寝るところ
  • エサがかならずあるところ

などなど、ハトは「ここはこれをする場所」と決めて行動をする傾向があります。ある意味でガンコなんです。

「この場所は私の巣!」そう決めたら、その場所にはしつこく何度も来ます。
ちょっとやそっとの対策ではあきらめません。

ちろん、ハトはハトなりに、いたって真面目に自分の人生を送っているだけ、とも考えられるのですが…。人間にとっては、困ったことに、とてもやっかいな存在なんですね。

鳩の縄張り意識は、めちゃくちゃ強い

仲良くしているハト

ハトは、仲間意識と縄張り意識がとても強い生物です。ハトの夫婦は仲がよく、一度つがい(=夫婦)になったら、離れずに一生をともに過ごしします。

その反面、家族や仲間以外には強い敵意を持つことが多いのです。ドバト同士でも、よそ者のドバトが自分のテリトリーに入ってきたら、容赦なく追い払おうとします。

このように、ハトの仲間意識と縄張り意識は、結びついています。

そのため、自分が巣を作った場所に対しても、とても執着します。
巣を壊されたり撤去されたりしても、もう一度巣を作りに戻ってくるほど。

Aさんは、ハト対策業者に依頼して、ハトの巣を撤去し、侵入防止のためにネットを貼りました。その後ハトが来なくなったので、「もう大丈夫だろう」と思い、ネットを外しました。ところが、外した数日後、またハトがやってきた…。

このような事例は、かなり多いのです。

このような習性を知ってか知らずか、雑なネットの貼り方や対策をする業者もいるのが事実です。

みんなのハト対策屋さんでは、このようなハトの縄張り意識や仲間意識など、ハトの性質を熟知した上での対策をしています。

もし、しっかりハトを追い出してほしい!という方がいらっしゃいましたら、こちらからご相談ください。