相談・現地調査・お見積り0円!

メールで無料相談
受付時間は7時から24時です。365日年中無休で対応致します。ご相談は0120-803-462まで。

集合住宅の場合、鳩よけネットの設置はどうしたらいいですか?

兵庫県 H.M様

ハトがマンションのベランダによくやってきます。
ベランダにフンや羽が散らばっていて、掃除が大変です。

ハトが来ないように、ベランダにネットを張るといった対策をしようかと考えています。
集合住宅の場合、管理組合やお隣さんとの交渉や相談も必要だと思うのですが…。

どうしたらいいでしょうか?

勝手にやらない!許可を得てから設置しましょう。

ベランダに留まるハト

こんにちは。
みんなのハト対策屋さんの、遠藤です。

鳩よけネットを張る対策はよく聞く対策ですが、集合住宅に住んでいると、勝手にやっていいものか悩みますよね。

結論からいうと、ネットの設置は管理組合やお隣さんに許可を得てから設置した方がいいでしょう。
というのも、ネットの設置が思わぬ苦情につながる可能性があるからです。

管理組合とお隣さんに許可を得よう

まずは、管理組合に相談してみましょう。
なぜ管理組合に聞く必要があるのかというと、景観を損ねるといった理由でネットの設置は拒否される場合があるからです。

被害状況を詳しく伝えて、交渉してみましょう。
目立たないネットの色ならばOKという場合もあります。

管理組合に許可を得たら、忘れてはいけないのがお隣さんへの許可。

あなたの部屋のベランダにネットを設置したことで、行き場のなくなったハトがお隣さんのベランダに行きかねないからです。
言っておかなかったことで、お隣さんから苦情がきてギスギスした関係に…なんてなりたくないですよね。

お隣さんへも、被害状況とネットをを設置したい趣旨を伝えましょう。
場合によっては、お隣さんも一緒にハト対策をしてくれるようになるかもしれません。

ネットがダメなら他の手段を

ネットでの対策、確かに有効ですが、設置が難しいというデメリットもあります。
少しでもすきまがあるとそこからハトが入ってしまったり、ネットがとれてしまったり…。

もし、許可を得られなかった場合やネットの設置が難しい場合には、ネット以外の対策をとりましょう。
なにかしら対策をしない限り、ハトはやってきます。

忌避剤やワイヤー、スパイクといった対策方法があります。
詳しくはこちらの記事で解説していますので、よかったらあわせてご覧ください。

▶︎鳩にお悩みの方必見! プロが教える正しい鳩よけ対策法

みんなのハト対策屋さんでは、忌避剤をメインに、ネット以外の対策も行っています。

「ハト対策をしたいけれど、ネットは使えない…」
「マンションなので、ネットは使うなと言われてしまった…」

というお悩みにも、お客様の状況に合わせた対応をしています!

どういった対策をしたらいいか分からないという方は、ぜひこちらからお気軽にご相談ください。