鳩よけ対策グッズを買いましたが効果がありません。どうしたらいいでしょうか?

愛知県 A.H様

ハトがベランダに入ってきて大量にフンをされて困っています。
フンだけじゃなく、朝早くから鳴き声で起こされたり、ニオイも臭く、うちは小さい子供もいるので衛生面が心配でなんとかしたいです!

夫に頼んで鳩よけネットを張ってもらいましたが、どこからか鳩が入ってきてしまい効果なし…。他にもCDを吊るす、おもちゃのヘビを置く、鳩よけスパイクを設置するなど対策していますが、こちらも全く効果なしでした。

CDやヘビは最初は驚きますが、すぐ慣れてしまって…。
鳩よけスパイクに至っては、針山の上に巣まで作られてしまいました。

子供を保育園に預けた後、昼間は仕事で出ているので鳩を追い払うこともできず、どうしようもありません。

思いつく限りのことはしましたが、どうしてこうなってしまうのでしょうか?
また、他に何かできる対策はありますか?

その設置方法、間違っているかも…!被害状況に合わせて、適切な対策をしましょう。

自宅の被害状況を理解して対策グッズを正しく使おう

こんにちは。
みんなの鳩対策屋さんの遠藤です。

鳩よけ対策グッズは、被害状況に合わせて適切なモノを正しく設置することが大切。
そうしないと効果は限定的なものになってしまいます。
自分で設置する場合は、鳩の習性・自宅の被害状況をよく理解した上で設置しましょう。

鳩よけグッズの効果がない原因

今回、相談者様の使用した

  • 鳩よけネット
  • CDを吊るす
  • おもちゃのヘビを置く
  • 鳩よけスパイク

という4つの対策グッズ。これらのグッズは市販でも簡単に購入できますので試しやすいですよね。でもなぜ効果がなかったのでしょうか?

それは、ハトの被害レベルやグッズの設置の仕方が関わってきます。

考えられる原因を順に見ていきましょう。

【鳩よけネット】正しく設置されていなかったのかも…

鳩よけネットの使い方

まず鳩よけネットの場合、正しく設置できていなかったことが考えられます。
鳩よけネットは、四方を壁に完璧に密着させて設置することで鳩の侵入を効果的に防ぐ効果があります。

ですが一度お気に入り認定した場所の出入り口をめざとく見つけ、何がなんでも入ろうとするのがハトのしつこさ。

隙間が開いてしまっていたり、ネットを吊るすだけだとハトが簡単に中に入れてしまい効果はありません。

また、風雨で外れてしまわないようにしっかり固定しましょう!

さらに網の糸も大事。細すぎると強度が弱くなり、ハトが絡まりやすいというデメリットがあります。

ご自分で設置するならば、こちらの防鳥ネットが太めの糸なのでオススメですね。透明な網で目立ちにくく、景観を損ねません。

壁に固定するためのスッポンフックと一緒に使用します。

しかし、鳩よけネットは普段設置に慣れていない方にとっては扱いが難しく、どうしても隙間が空いてしまいがち。

せっかくお金をかけて設置したのにハトに再侵入された!というケースが多いんです。

さらに高所での作業が多いので、落下の危険性もあります。

しっかり鳩よけしたい!という場合は、鳩対策のプロに依頼するのも手ですよ。

▶︎プロにハトよけを依頼する!

【CDを吊るす/おもちゃのヘビを置く】そもそも一時的な効果しか期待できません…

CDやおもちゃのへびは被害レベル1でしか使えません

CDやおもちゃのヘビは、最初は驚かせて追い払う効果がありますが、それも一時的なもので、おっしゃっていた通り慣れてしまうと効果はありません。

また、相談者様の「ハト被害レベル」を考えると、そもそも「モノを吊るしたり置いたりする対策方法」が不適切です。

というのも、ハト被害の進行には4段階のレベルがあり、その段階によって対策の効果が変わってくるからです。

その段階は、以下のレベル1〜4に分けられます。

  • レベル1:休憩鳩
  • レベル2:待機鳩
  • レベル3:ねぐら鳩
  • レベル4:巣作り鳩

レベル1はベランダの手すりなどに羽休めでとまりにくる程度でフン害も少ないです。

レベル2になるとベランダの中にまで入ってくるようになりフン量も増えます。その場所が安全だと認識した証拠ですね。

レベル3になると夕方や夜にも居座るようになり、大量のフンと騒音被害に悩まされるようになります。

レベル4は、もう巣をつくられ完全に子育て場所にされてしまった状態。
フン被害もさらにひどくなりますし、ヒナが生まれれば被害も数倍に…。

こうなると個人では手をつけられなくなってきます。

相談者様は「ハトがベランダに入ってきて大量にフンをされて困っている」とのことだったので、被害はレベル2〜3あたりだと思います。

ベランダの中に入ってきている時点でハトは「ここは安全だ」と思ってしまっているので、光り物などのおどかしぐらいではあきらめない可能性があるんですね。

なんども言いますがハトは一度執着したらしつこいです。

このような鳩よけグッズは100円ショップでも調達できるので非常に手軽。

ですが使用するのであれば執着する前、つまり視察に来てるレベル1の段階で使うべきですね。

CDに似たようなもので、防鳥棒(防鳥トルネード)というものもあります。効果はCDと同じで、キラキラと太陽光を反射してハトを威嚇するものになります。

鳩よけで吊るすものは不恰好…というものが多いですが、こちらだと見た目が比較的オシャレですね。

光の反射が近所迷惑になる可能性もあるので設置場所には注意してくださいね!

【鳩よけスパイク】スパイクの材質や針山が良くなかったのかも…

鳩よけスパイクの選び方

鳩よけスパイクは、鳩がよく留まる場所に隙間なく設置することで鳩が留まりにくくする効果があります。

ただ、スパイクの針山が低いとハトが底面を厚くして平気で巣を作ってしまいます。

また、針が垂直についているものだと、ハトが針山の上にうまくとまった際に安定してしまうので効果は低めです。

さらにスパイクの材質が樹脂(プラスチック)製なだけでも、ハトにとってあまり苦痛ではなくなります。

もし上記のようなスパイクを使っているのであれば、「針山が高く、斜め構造」「材質は金属」のものに変えていただいた方がいいかもしれません。

例えばこちらだと斜めに針が伸びており、ハトがとまろうとしても不安定で不快なはずです。

しかしそもそも、相談者様のハト被害レベルを考えるとスパイクのみだと対策としては足りないでしょう。

鳥獣保護法によりハトの殺傷は禁じられているため、スパイクは「針」とはいえハトを傷つけないように作られています。

ハトにとっては言ってしまえば「針があるととまりにくいだけ」ですので、その場所に執着してしまった段階では効果が激減します。

そこで私が相談者様にオススメしたい鳩よけ対策グッズは「忌避剤」です。

正しく使えば強力な「忌避剤」

忌避剤とは、ハトが嫌がる成分を含んだ薬品のことです。

ハトがやってきて止まる場所にスプレーしたり設置したりすることで鳩を寄せ付けないようにします。

忌避剤の種類は3つ!被害レベルに合ったものを選ぼう

スプレータイプ

比較的安価で簡単に使えるのがスプレータイプ。
ただし、効き目の持続時間が短いです。

だいたい3〜4時間で切れてしまうので、同じ場所に繰り返し吹きかけなければいけません。

ハト被害レベル1〜2の段階の方にオススメです。

固形タイプ

防虫剤のように吊るして使用するのが固形タイプ。約1ヶ月ほど効果が持続します。

効果を高めるためにも設置の際は1つだけ吊るすのではなく、間隔を開けていくつか吊るすようにしましょう。

設置は簡単ですが、雨に当たった時に中の薬剤が溶け出してしまうのが難点。スプレーと合わせて使用するとさらに効果がアップします。

こちらもハト被害レベル1〜2段階の方にオススメ。

ジェルタイプ

一番鳩よけとして強力なのがジェルタイプ。

嗅覚・味覚・触覚(モノによっては視覚も)の4つの面から鳩に不快感を与えることができ、忌避剤の中では最も有効なんです。

さらに持続時間も長く、設置してから1年以上効果が持ちます。

そのためハト被害レベル3〜4の方にオススメです。

ジェルタイプは直接ハトがやってくる場所に塗るか、容器に入れて設置します。

その際、次のようなコーキングガンという道具を使用します。

ただし、いくらジェルタイプが有効と言っても、忌避剤の設置場所や量などで効果は左右されてしまいます。

ジェルは、20cmほどの感覚で塗って(設置して)いきましょう。

1週間ほどかけて徐々にいなくなるはず…!

ジェルタイプの忌避剤と合わせて、鳩よけネットを使った物理的な対策もしておくとさらに効果的ですよ。

みんなのハト対策屋さんでも忌避剤による対策を行っています。

被害レベルに合った対策をさせていただきますので不安な方は遠慮なくご相談くださいね。

鳩よけ対策をする上で

鳩よけ対策は、ハトの習性や被害状況を理解して取り組むことで効果が出ます。

世の中にはたくさんの鳩よけ対策グッズが出ていますが、「安いから、簡単そうだから」という理由で状況に合っていない対策グッズを購入しないように気をつけてくださいね。

でないと対策に失敗し、逆にお金も時間もムダになってしまいますので…。

また、ハト対策する上でグッズ等を揃えることよりもまず大事なのは「フン掃除」です!

対策グッズを設置してるのに散らばったハトのフンはそのまま…これではせっかく用意したグッズの効果もなくなってしまいます。

ハトのフン掃除の重要性や、詳しいフン掃除の方法はこちらの記事に書いてあります。合わせてご覧くださいね。

【関連】うわ、ハトの巣を作られた!被害を広げないための対処法をチェック

さらに、今回紹介したもの以外の様々な鳩よけグッズや対策法の「効果の有無」「正しい設置法」を被害状況や鳩の習性と合わせて紹介している記事もあります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連】鳩にお悩みの方必見! プロが教える正しい鳩よけ対策法

「自分で色々やってみたけど、ちょっと厳しいかも…」
そのような場合はお早めにお問い合わせください。

なぜならハトの被害は放っておくとどんどん酷くなるからです…!

ハト被害に気付いてから2ヶ月以上放っておいて、私たちが施工に行った時には長靴の半分ほどまでフンで埋まってしまう。
これまでにはそんなケースもありました…。

少しでも「やばいかも」と思ったらお気軽に相談だけでもしてみてくださいね。
あなたのお力になってみせます!

▶︎みんなのハト対策屋さんに相談する場合はコチラ