相談・現地調査・お見積り0円!

メールで無料相談
受付時間は7時から24時です。365日年中無休で対応致します。ご相談は0120-803-462まで。

ベランダのフンはすぐに片付けて!ハトのフンの危険と正しい掃除方法

ハト対策専門家が語ります
フンをしているハト

「いつのまにかベランダにハトのフンがびっしり…どうしようか…」
こんにちは、みんなのハト対策屋さんの遠藤です。

あなたは、ハトにフンをされて、その大量なハトのフンの処理に困ってはいませんか?

私も、ベランダのいたるところにある大量のハトのフンに困ったことがあります。
フン掃除をしようにも、やるきが出ないし、鳥のフンって危ないって聞くから触りたくない…。

実は、ハトのフンは汚いでなく、様々な危険がひそんでいたのです。

あなたのベランダのハトのフン、放置しておくとあなたが考えていた以上に大変なことになるかもしれません…。

そうならないためにも、今回はハトのフンにひそむ危険と正しい対処法について、お話します。 それではまいりましょう。

汚いだけじゃないの?ハトのフン害とは

フン被害に困る男性

ハトのフン、汚いなと思いますよね。

それだけでなく「鳥のフンにはバイ菌がいっぱいだ」という話、あなたもよく聞くのではないでしょうか?

実はその通りで、様々な場所に飛んでいく野生の鳥は、たくさんの菌を持っています。ハトもその一匹。

ただし、ハトのフンはバイ菌を持っているだけではなく、他の被害も招きます。

放置は危険、ハトのフン害には何がある?

ハトのフンによる被害は、景観を損ねること以外にも以下のようなものがあります。

  • 悪臭
  • 害虫の発生源
  • 金属や塗装の腐食
  • コンクリートの劣化
  • 病原菌の媒介
ハトのフンをエサにする!?害虫の発生源

フンを放置していると、ダニやゴキブリの発生源となります。
ダニやゴキブリにとっては、なんとハトのフンはエサになるのです。
ただでさえ汚いフンに嫌気がさしているのに、そこに害虫…嫌度倍増ですよね。

フンに含まれる酸による金属や塗装の腐食・コンクリートの劣化

ハトのフンには酸が含まれているため、長く放置していると金属や塗装を腐食させます。
コンクリートはアルカリ性のため、ハトのフンによってコンクリートの劣化も招きます。
フン掃除をしてみたら、フンがあった場所がボロボロ…なんてことに。

危険なものも!病原菌の媒介

ハトのフンに含まれる様々な病原菌や寄生虫により、感染症や寄生被害の恐れもあります。
軽いものでは風邪のような症状から、重いものでは中枢神経症状が出たり死に至ったりということも。

免疫力の落ちてる人は要注意!フンが媒介する病気

ハトが媒介する感染症や寄生被害は、主に乾燥したフンが空気中に舞い、それを吸い込むことが原因です。なかには接触により感染するものもありますので、フンは絶対に素手では触らないようにしましょう。また、フンに近づく際にはマスクをしておくといいでしょう。

基本的には軽症で済む人が多いようですが、免疫力の低いお子様やお年寄りの方、体調の優れない方は要注意です。
また、妊婦の方も胎児に影響が出る可能性があるので、注意が必要です。

もし症状が出た場合には、内科や皮膚科、眼科など症状に合わせた病院に行き、ハト被害に合っていることも伝えましょう。

それでは、いくつか詳しく見ていきましょう。

クリプトコッカス症

ハトのフンに高い確率で含まれているカビによる感染症です。
乾燥に強く、2年以上も菌が生存します。
また、軽いためエアコンの室外機が吸い込んで部屋の中に広がる恐れもあるので、注意が必要です。

症状は、皮疹などの皮膚炎や、発熱・胸の痛みを伴う肺炎、重症になると脳炎や髄膜炎となり、記憶障害や昏睡状態といった中枢神経症状をおこしたり、死亡にいたることもあります。

オウム病

ハトの30〜70%がオウム病のウイルスを保持しており、大人が感染・発症することが多いです。

軽症だと、頭痛や倦怠感、筋肉痛といった風邪と類似した症状が出ますが、重症になると肺炎や気管支炎を引き起こします。

ニューカッスル病

ほとんどの鳥が、ニューカッスル病を引き起こす菌を持っているといいます。

急性結膜炎やインフルエンザのような症状を引き起こします。
目のかゆみや目やに、充血といった症状が出たら注意が必要です。

トキソプラズマ症

トキソプラズマという寄生虫による症状です。

発熱や頭痛、倦怠感といった軽いインフルエンザのような症状が出ます。
妊娠初期の妊婦さんが感染した場合、流産の危険があったり、胎児に脳障害が出たりする場合があるので、妊婦さんがいる場合には細心の注意をはらってください。

ヒストプラズマ症

ヒストプラズマ真菌というバイ菌による症状です。

発熱や筋肉痛といったインフルエンザに似た症状の他、咳が長引いたりたんが出たりといった結核に似た症状も起こります。
乳児が感染すると悪化しやすいため、乳児はハトのフンには近づけないようにしましょう。

サルモネラ菌食中毒

サルモネラ菌による食中毒症状を引き起こします。

症状は、胃腸炎や強い腹痛、下痢、吐き気、発熱といったものが見られます。

アレルギー症状

ハトの羽毛や乾燥したフンによる、アレルギー症状です。
肺炎や気管支喘息などを起こします。

掃除までしなきゃダメ!フンの清掃方法

掃除用具をもつ女性

ここまでで説明したように、ハトのフンを放置していると害虫の発生源になったりフンのある場所が劣化したりと、被害はどんどん拡大します。

加えて、ハトは自分のフンがある場所に安心して戻ってくるという習性があるので、フンを放置しておくとハトがきてフンをして…の繰り返し。

感染症などを防ぐためにも、消毒も含めた早めのフン掃除が大切。

フン害拡大を防ぎ、ハトを寄せつけないために、嫌だとは思いますが、しっかりとフン掃除を行いましょう。

フン掃除は拭き掃除で!

フン掃除は、基本拭き掃除になります。
掃き掃除は厳禁!

なぜ掃き掃除がダメかというと、乾燥したフンを掃くことで空気中に巻き上げてしまうからです。
そうすると吸い込みやすくなり、感染のリスクがぐっとアップ。 大変危険ですよね。

フン掃除は、マスクや手袋を着用の上、拭き掃除で行ってください。

フン掃除の大まかな流れは、

  • フンにぬるま湯や消毒液をかけてふやかす
  • フンが柔らかくなったら、紙で拭き取る
  • 洗い流して消毒

です。

ハトのフンを吸い込むのを防ぐためにも、風の強い日は避け、家の窓はしめておきましょう。

また、ハトのフンによる感染症にかかりやすいので、以下のような方は掃除をするのは避けてください。

  • 免疫力の低いお子さま、お年寄り
  • 胎児に影響が出やすい妊婦
  • 体調の優れない方

専門の業者に頼めばフンの清掃もしてくれますので、自分ではできないという方は業者に頼むのも一つの方法です。

詳しい掃除方法や道具については、こちらの記事で解説していますので、よかったらあわせてご覧ください。

公共の場でのフン掃除は誰が行う?

マンションの廊下や駐車場、公園や駅前の広場といった場所も、ハトのフンをよく見かけますよね。こういった場所のフン掃除は、どうしたらいいのでしょうか?

マンションなどの集合住宅の場合は、管理会社や管理組合へ、公園や駅前といった公共の場所は、自治体へ連絡して掃除してもらいましょう。

忙しくてあまり手がまわらないという場合が多いようですが、なかには、積極的に動いてくれる団体もありますので、とりあえずは連絡してみるのが吉です。

身近にいるハトたちとは

ベンチに留まっているハト

フン害や掃除について分かったけど、ハトが来続けたら意味がないですよね。
ハトが来ないようにハト対策をする必要があります。

ハト対策に入る前にまず対象であるハト自身について説明します。
実際に人の近くで生活するハトはどんなハトがいるのでしょうか?
なぜ追い払っても何度でもめげずにやってくるのでしょうか?

ハトの生態に関する詳細は、こちらの記事で解説していますので、詳しく知りたいという方はよかったらご覧ください。

人の近くで生活するハト

日本でよく姿が見られ、人が住む場所に比較的近いところに巣を作るのは、ドバトとキジバトです。

ドバト

私たちがよく見かけるハトはドバトです。
よく駅前や公園にいるハトのほとんどはドバトで、都市部に定着しています。

ドバトは人馴れしやすい生き物で、人の住居自体である屋根裏やベランダに巣を作りやすいです。
そのため、ドバトによるハト被害が多く報告されています。

キジバト

キジバトは、元々山地で暮らしていて、翼のうろこ模様が特徴的なハトです。

樹木に巣を作りやすく、最近では、庭木や植木、街路樹などにも巣を作るように。
こうしたキジバトによる被害もよく見られます。

どこからでも帰ってこられるハトの帰巣本能

ハトの帰巣本能は強い、ということはあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?
有名なほどすごい、ハトの帰巣本能。

ハトは、1年中同じ街に住み、すみかを一度ここと決めたらそこから離れません。
すみかから遠く離れた場所へ連れて行ったとしても、自分のすみかまで帰ってこられるそうです。

また、ハトは嗅覚が優れていて、自分のフンとそのにおいに執着します。
自分のフンがある場所に必ず帰ってくるのです。
自分のフンのにおいは自分の家のにおいのようで安心するのでしょうね。

ハトのおうち探し行動

ハトは巣作りの前に、下見をして安全を確認します。

まずは昼間に、休憩場所として来はじめます。
移動するときの羽休めとして、短時間だけ滞在します。

次に、餌や仲間を待つ待機場所として利用し始めます。
この頃になると、フンの量が増加してきます。

待機場所として安全だと認識すると、今度は夕方や夜にも居つくねぐら場所として認定されます。
フンも大量にされるようになり、鳴き声などもうるさく感じるように…。
こうなるとハトを追い出すのも厄介で、なかなか出ていってくれません。

ねぐら場所として暮らし始めると、最終的に、巣作り場所となってしまいます。

フンの大元、ハトが来ないように対策を!

ハトに来て欲しくない女性

ハトは一度居つくとなかなか出て行ってくれません。
でも、ハトが出ていってくれないとフン害は毎日のように続きます…そんなの嫌ですよね。

そもそも、ハトが来ないようにする必要があります。
長期戦にはなりますが、ハトに立ち退き要請をしていきましょう。

継続して行うが吉、ハト対策方法

ハトは賢く、一度ダメだと思った場所にはもう近づくことはありません。
実は、一度あきらめたハトは二度と来ないのです。

しかし、あなたの家にまだ来たことがないというハトはどんどん来ますので、ハト対策は継続して行っていくことが必要です。

ハトを寄せつけないためには、以下のような方法が考えられます。

  • ベランダをキレイに片付ける
  • 巣となる小枝の集まりを見つけたら、すぐに片付ける
  • ハトがくる場所を掃除、特にフンは必ず掃除する
  • ハト対策グッズを設置する

まずはハトが来る前に、ハトが住みつきやすいベランダを、ハトにとって住みにくいよう改造しましょう。常にキレイにして、余計なものをおかないようにします。

ハトは見かけたらすぐに追い払いましょう。

その後、念のために巣(小枝の集まり)がないか確認しましょう。
巣を見逃すといつのまにか住みつかれていた…なんてことに。

巣を見つけたら、卵やヒナがいなければすぐに片付けてください。
卵やヒナがいた場合には、鳥獣保護法により捨てたり移動したりといった行為はNGですので、自治体か専門業者に相談しましょう。

ハトにフンをされていたら、なるべく早く掃除をしましょう。
ハトはフンのにおいにつられてやってくるので、来てほしくなかったらフンは片付けておくのが必須。
こまめに掃除をすることで、ハトが人の気配を感じて巣を来づらくなります。

既に休憩場所、待機場所になっている場合には、早めにハト対策を!
この時点で危険な場所だと認識すると、ハトは割と簡単に来なくなります。

もしもうねぐら場所、巣作り場所になってしまっている場合には、ハトを追い払うのはかなり困難。
上記の対策は続けつつ、物理的にハトを寄せつけないようにする対策グッズが効果的です。

ハトよけを助けてくれる対策グッズ

ハトよけをするときに役に立つ対策グッズもいろいろとあります。
早めの予防で効果を発揮しやすいので、ハトを寄せつけないためにも早めの使用を検討してください。

対策グッズに関しては、こちらの記事で詳しく解説しているので、ハト対策をお考えの方はよかったらご覧ください。

ハトよけネット

ハトのすみかにそもそも入れなくするためのものです。
すき間なくピンと張るのがポイント。
集合住宅では使用不可の場合も多いので、管理会社や大家さんに確認が必要です。

スパイク(剣山)

ハトがとまるところをスパイクで覆いとまれなくします。
長めのものを使用することで、ハトの脚が届かずスパイクにあたって嫌がるように。
ハトがよくとまる場所にすきまなく設置し、ハトが休むのを防ぎましょう。

テグス、ワイヤー

ハトが安定してとまれる場所をなくします。
ピンと張ると逆にとまる場所を与えてしまうので、少したるませておきます。
手すりなどのハトがはじめにとまりやすいところに設置しましょう。

忌避剤

ハトが嫌がる成分の薬で、ハトを寄せつけなくします。
忌避剤にはスプレータイプや固形タイプ、ジェルタイプのものがあります。
それぞれ特徴は異なるので、用途にあわせて使用しましょう。

ローズ系、ミント系の植物

ハトが嫌いなにおいがする植物でハトが近づくのを防ぎます。
においの強いローズ系やミント系の植物が効き目ありです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハトのフンはただ汚いだけではありません。
感染症の危険があったり、放置しておくと害虫の発生源になったり、金属・塗装の腐食などを招いたりします。

また、ハトは自分のフンのにおいにつられてやってくるので、フンを放置しておくとハトを呼び寄せてしまいがち…。

そうならないためにも、ハトのフン掃除は定期的に行っておく必要があります。
そして、ハト対策でハトを寄せつけないようにして、ハトのストレスからの解放を目指しましょう!

ハトのフン掃除、自分ではできないという方は、私たちのような専門業者がいますので、相談してみてくださいね。

みんなのハト対策屋さんでは、お客様のご要望にあわせて、ハトのフン掃除からハト対策まで行っています。もしご相談されたい方は、こちらからお気軽にご相談ください。