うわ、ハトの巣を作られた!被害を広げないための対処法をチェック

ハト対策専門家が語ります
鳩が戻って来る秘密はフンにあります。

「最近ハトがやってくるなと思ったら、巣を作られていた…」
「卵を産まれたらヤバいんじゃ…。こんなとき、どうすればいいの?」
「何度巣を撤去してもまた作られてしまう…もうやめて!」

こんにちは、みんなのハト対策屋さんの遠藤です。

早速ですがこのページを見ているあなたは、まさにハト被害にあわれているのではないでしょうか。

ハトの巣をつくられ、不安と焦りの気持ちでいっぱいだと思います。

しかし残念ながらハトが巣を作っている時点で、あなたの家はすでに「お気に入りの場所」認定されてしまっているのです。

「やばい!どうにかしなくては!」

そうですね、何か対策をしようと行動をおこすことは大事です。ですがその対策法を間違っていたら、その行動は無意味になりただの時間泥棒になってしまいます…。

あなたは、家にハトの巣を作られたら何度も何度も巣を撤去していませんか?

実はハトの巣を作られないようにするには、ただ巣を撤去するだけではダメなんです。何回巣を撤去してもこりずにやってくるんですよね。

ハトがまた来てしまうヒミツは「フンへの執着」にあります。
ハトの巣を撤去しただけでフンやそのニオイがそのままになっていると、そのニオイに安心してしつこく戻ってくるんです。

ですので、巣の撤去とフン清掃はセットになります!

…でもフン掃除なんてしたくない、と思われる方も多いでしょう。
分かります。積もりに積もったフン、誰もが不快です。

ですがそのまま放置してしまうと感染症の恐れもありますし、ハトも増えて騒音被害もどんどん広がっていきます。

さらにハトは鳥獣保護法により保護されているので、卵を産まれたりヒナが生まれたりしたらかなりやっかいなことになります…。

そうならないためにも、今回はハトの巣をフンも含め撤去する方法ハトを二度と寄せつけないための対策について、ハトの生態を踏まえて詳しくお話していきます。

これを読んだ後なら、もう二度とハトに悩まないよう正しい対策を取れるはず。
それではまいりましょう!

▶︎今すぐハト対策したい!という方はコチラ

どうしてウチに…。ハトの巣を作られてしまったワケ

ドバトとキジバト

日本でよく見るのはドバトとキジバトだと思います。

よく駅前や公園にいるのは、緑色に光る首元が特徴的なドバト。
「クルックー」といった鳴き声で人馴れしやすく、屋根裏やベランダなど人の住居に巣を作ります。

キジバトはもともと元々山地で暮らしていたハト。翼にうろこ状の模様があるのが特徴です。
「デーデーポッポー」といった鳴き声をしています。

実際にハト被害で報告されるのはドバトによる被害がほとんどです。

ハトの営巣場所は、ハトの習性が関係しています。
まずは、どうしてハトの巣を作られてしまったのか原因をお教えしようと思います。

こんな前兆はありませんでしたか?

ハトはいたる所に巣をつくるわけではありません。
また、人馴れしやすいとは言え、巣作りには慎重。警戒しながら子育て場所を探しています。

ハトの巣作りには前兆があるのです!

あなたが巣を発見するまで、次のようなことに気づいていたのではないでしょうか?

  • 日中ベランダの手すり付近にとまっている
  • ハトのフンをたまに(頻繁に)みかける
  • ハトが2羽でやってくる
  • 木の枝を見かける

手すり付近にハトが止まっていたりフンがある時点で、すでに被害のスタート地点に立っています。
その時点でもう、ハトはあなたの家を住みかとして狙っていたということ…。

また、2羽でやってくる時点で子育てする気満々ですし、木の枝を見かけたらその場所での巣作りを決めた証拠といえます。

ハトは元々高い岩場などを住みかにしていたため、高いところで巣作りするのを好むのです。

特に、マンション5〜10階のベランダ。室外機の裏側。屋根太陽光パネルの下。
そしてカラス、ネコなどの天敵から身を守れる、三方が囲まれた場所…。

あなたが巣を作られた場所に当てはまるのではないでしょうか?

しつこく戻ってくるハトの帰巣本能

戻ってくるハト

ハトの習性として有名なのが「帰巣本能」です。

ハトはすみかを移動せず、1年中同じ街に住む鳥。
仮に何百キロも離れた場所へ行ったとしても、自分のすみかに帰ってくることができます。

そんな帰巣能力を活かしているのが「伝書鳩」ですね。
昔は新聞社が屋上にハトを飼っていて、記事を運んでいたということですので驚きです。

ですのでハトは、一度「ここを自分の家にしよう」と決めるとちょっと追い払ってもすぐ戻ってくるようになります。

巣を作られてしまうと、なおさらそのしつこさが目につきます。

巣の撤去をして満足していると、次の日同じ場所に何食わぬ顔で巣を作り居座るハトに愕然…。
これ、本当によくあることなんです!

ハトの巣作りと子育ては40日前後かかる

ハトが巣をつくり卵を産んで、ヒナが巣立つまでだいたい40日前後。

ハトの巣作りは他の鳥よりも簡単で、集めた小枝を使い2〜4日で丸い巣を完成させます。
中には巣作りが上手でないハトもいるようで、2〜3本散らせた程度で巣とするハトもいます。

そのため小枝が落ちているのを見て「まさか巣だとは思わなかった」という方や、危機感を感じず放置してしまった方が多いんですね。

すると、いつのまにかベランダに卵がコロンと転がっている…という状況に直面するわけです。
ですので鳩を見かけたら、いつ巣を作られるか分からないためできるだけ毎日監視する必要があります。

巣を作るとハトは、2個の卵を産みます。

この2個の卵、実はオスとメスに産み分けられています。ですのでオスが多すぎてしまう、メスが多すぎてしまうということが起きないんですね。

その後15〜20日程でヒナがかえり、また20〜30日程でヒナが巣立ちます。

巣立ったといっても侮れないのがハト。繁殖力の高いハトは、1年に5〜7回卵を産むこともあります。
一度子育てがうまくいった場所ですから、その場所で何度も卵を産む可能性は大いにあります。

放っておくと、そのまま延々とハトに占拠されてしまうかもしれません。

しかも鳥獣保護法により保護されているので、ハトの巣に卵もしくはヒナがいる間は勝手に撤去することはできません。

許可や申請なしに撤去してしまうと軽犯罪法に触れてしまい、最悪の場合「一年以下の懲役又は百万円以下の罰金」となる可能性も。

万が一「卵を産まれた!」「ヒナが巣にいる!」という場合、巣立ちまでの約1ヶ月半の間ハトと共生するのはかなり不快だと思います…。

その場合は、ハト対策のプロに対策を依頼するととてもラクですよ。

みんなのハト対策屋さんでも、ハトの巣や卵、フン被害にあわれている方からご依頼を多くいただきます!

▶︎ハト対策のプロに相談する!

放置で拡大!?健康にも関わるハト被害

「そんな毎日も監視や掃除なんかしてられないよ!」

そうですよね。
仕事で家を空けることもあるでしょうし、四六時中家に張り付くことなんかできません。

ですがだからといって、ハトの巣やフンをそのまま放置していると日に日に被害が拡大してしまいます。

卵を産まれてしまうばかりか、ひどくなるフン害や騒音に悩むことになるのです…。

汚いだけじゃない!ハトのフン害

ベトッとしたハトのフン、汚くてとても不快ですよね。
ハトは自分のフンをためらいもなく踏みますので、ハトが歩く周辺も汚くなります。

ですが恐るべきことに、ハトのフンは汚いだけではありません。
ハトのフン害には、視覚的な被害以外にも次のようなものがあります。

  • 悪臭
  • 害虫の発生源
  • 病原菌の媒介
  • 金属や塗装、コンクリートの劣化

フンですから悪臭がしてくるのはもちろんのこと、放置しているとダニやゴキブリなどの害虫の発生源となりかねません。

また、ハトのフンには様々な病原菌や寄生虫が含まれており、感染症や寄生被害の恐れもあります。

うっかり吸い込んだり触ったりすることで体内に入ってしまうと、クリプトコッカス症やニューカッスル病などの感染症にかかってしまうことがあります。肺炎や髄膜炎などの症状があらわれることも…。

特に免疫力の低い子供やお年寄りの方は近づかないように注意しなければなりません。

加えてハトのフンには酸が含まれているため、長く放置していると金属や塗装を腐食させたりコンクリートの劣化を招いたりしてしまいます。

これから新たな気持ちで新生活を始めようとしていた引っ越ししたての方や新築の方にとっては、かなり大打撃ですよね…。

うるさくて眠れない!ハトの騒音

眠れない女性

最初のうちは気にならなくても、ヒナが生まれると一気に加速するのがハトの騒音被害です。

初期こそハトの手すりにとまる音くらいかもしれませんが、これが2匹になり、ヒナが生まれて…と数が増えていくにつれてうるさくなっていきます。

なんといっても、ヒナが生まれると1日中巣にハトが居ることになるのが厄介。

朝早くからハトのバタバタという羽音。
クルッポーという鳴き声。
さらにヒナの親を呼ぶ鳴き声。

うるさすぎて早朝から目を覚ましてしまい安眠できない、なんてことにもなりかねません!

集中して勉強をしたいというときも外からバサバサ、クルッポーと聞こえてきてなかなか集中できない。
また、被害は隣人にも広がります。「どうにかしてくれ」とクレームが届く可能性もあり、ハトが原因で険悪な関係になってしまうことも…。

果てには「ハトがそこにいるだけで怖い!ムリ!」とトラウマになってしまう方もいるようです。

ハトの巣を撤去するには「フン掃除」が大事

ここまで、ハトが巣をつくった原因や放置で起こりうる被害についてお話してきました。

はじめにお伝えしたとおり、ハトの巣を作られないようにするには「ただ巣を撤去する」だけではダメ。
ハトのフンまでしっかり掃除しなければ、ハトは必ず戻ってきます!

ハトは自分のフンとそのニオイに執着し、フンがある場所へ戻ってくる習性もあります。自分の家のにおいみたいで落ち着くのでしょうね…。

ハトにとっては巣だけでなく、フンも自分の家の一部なのです。

ですのでハトが来ないようにするには、巣の撤去だけでなくフンとそのニオイまでしっかり除去する必要があります。

では、鳩の巣の撤去する際に一番大事になってくる「フン掃除」の仕方を詳しく説明していきますね。

卵やヒナはいないか?撤去の前に確認しよう

よし、徹底的にキレイにしてやるぞ!と意気込むのはいいのですが、巣の撤去を始める前に必ず「巣に卵やヒナがいないか」を確認してください。

先ほどもお伝えしましたが、ハトは鳥獣保護法により保護されている生き物です。

したがって、ハトの卵やヒナを許可なく傷つけたり捨てたりといったことはNG。
親鳥が見捨ててしまうことがあるので、卵やヒナの移動もできません…。

ハトの巣を撤去できるのは、まだ卵もヒナもいない巣のみの段階だけなのです。
もし、ハトの巣を見つけた段階で卵やヒナがいた場合には、自治体や専門の業者に相談する必要があります。

▶︎ハト対策の専門業者に相談する!

水で流すだけはNG!正しいフンの掃除方法

掃除をする主婦のイラスト

正直なところ、フン掃除なんてやりたくないですよね。
汚いし面倒臭いので、掃除がおっくうになる気持ちはとても分かります。

ですが、被害が広がらないうちに済ませておかないとフンはどんどん積もっていきます。
後回しにした分、あとで後悔することになるのは間違いありません。

しかも、フンの放置 = 病原菌の放置といえますので大変危険です。
乾いたフンから粒子が舞い上がりホコリと一緒に部屋の中に入ってきて、感染症にかかるリスクが高くなります。

もし、やっぱり自分ではやりたくない…という方は、専門の業者にやってもらうのも手です。

専門のノウハウを活かし、フン掃除をしっかりした上で巣の撤去を行います。ハトが二度と来ないように、ハトよけネットや忌避剤などの対策まで行うことも可能です。

私たちみんなのハト対策屋さんでも、フンの清掃からハト対策までおこなっています。お困りの方はぜひご相談ください。もちろん、清掃のみも対応していますよ。

ちなみに業者に対策を頼む場合も、被害が少ないうちの方が費用も抑えられます。
それだけ、被害が広がる前の対処が大事なんです。

ここでは「自分で頑張って掃除したい!」という方のために、正しいフン掃除の方法について詳しくご説明します。

フン掃除の際は病原菌に近づくことになるので、気をつけていただきたいことがたくさん…!しっかり目を通していただくことをオススメします。

掃除を行うときの注意点

まず、風の強い日は避けましょう。
ハトのフンに含まれる菌が飛散して吸い込むのを防ぐためです!

また、家に菌が入らないように、家の窓は閉めておきましょう。

さらに、以下のような方はハトのフンによる感染症にかかりやすいので、掃除をするのは避けてください。

  • 免疫力の低いお子さま、お年寄り
  • 胎児に影響が出やすい妊婦
  • 体調の優れない方
用意するもの

ハトのフンには、人に害のある菌が含まれていることがあります。
なので基本的に使い捨ての道具を使用します。

掃除道具一式
必須アイテム
  • マスク
  • ゴム手袋
  • ビニール袋(ゴミ袋)
  • 新聞紙やキッチンペーパーなどの紙類(大きくて厚手の紙)
  • 消毒液(エタノール消毒スプレー または 次亜塩素酸ナトリウム消毒液)
  • バケツかペットボトル

消毒液は、薬局でよくあるようなエタノールで十分。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液はエタノールよりも殺菌力が高いです。ただし金属を錆びさせる作用が入っていますので、金属部分には使わないようにしましょう。

あるとよりいいアイテム
  • いらない長袖の洋服(使い捨ててもよいもの)
  • ゴーグルかメガネ
  • 袋でおおった長靴(使用後袋のみ捨てる)

フン掃除をする際の服装イメージは以下のような感じです。なるべく菌から肌を防御しましょう。

掃除道具一式
掃除の流れ
  1. 手袋やマスクなどをつけます。髪の長い人は結っておきましょう。
  2. バケツやペットボトルにぬるま湯をくんでおきます。
  3. フンにぬるま湯や消毒液をかけてふやかします。
  4. フンがやわらかくなったら、紙である程度ふき取ります。使用した紙は、すぐにビニール袋に捨てます。
  5. バケツやペットボトルにぬるま湯をくんでおきます。
  6. 水(湯)をかけて、フンがあった場所を洗い流します。
  7. 消毒液をかけて、フンがあった場所を磨きます。
  8. 全て終わったら、使用した道具をビニール袋に捨てます。

ハトのフンが乾燥していると菌が飛散しやすいので、人が吸い込むのを防ぐためにもフンを濡らして掃除することがとても大切です。

フン掃除のポイントは「拭き掃除」であること。
フンが乾いたままホウキで掃き掃除するのは厳禁ですよ!

掃除が終わったら、バケツなども消毒液で殺菌しておくとより安心。
結構根気のいる作業で時間もかかりますが、ハトの安住場所にならないよう頑張ってお掃除しましょう!

「消毒液って必要?水で流すだけじゃダメなの?」
こんな意見も聞きます。

でも水だけだと、「除菌」ができないので不十分なのです。
消毒液も使ったほうがフンだけでなく、フンに含まれている菌も除去できます。

本当に除菌されているか心配な場合には、専門のハト業者に任せると除菌も含めキレイにしてくれますよ。

すでに卵を産んでしまったときの対処法

ハトの卵

ハトの巣を見つけたときには、すでに卵もしくはヒナが…。
そうなってしまっては、こちらから勝手な手出しをできなくなってしまいます。

ハトは鳥獣保護法で守られていて、許可なく殺傷、損傷、捕獲が禁じられているからです。
卵やヒナを移動させるのも禁止です。

この場合の対処法としては以下の3つが考えられます。

  • 巣立ちまで見守る
  • 自分で撤去・駆除をする
  • ハト対策業者に任せる

腹をくくって巣立ちを見守るなら

「ここまできたら、ハトの巣立ちまで見守ってやる!」

そう決めた勇敢な方に、ハトの巣立ちまでにやることからハトを見守るリスクについてまで紹介します。

巣立ちまで静かに見守るのみ

基本的に、あなたがハトに対してやってあげることはなにもありません。
ハトは子育てが上手な生き物ですので、ただ見守ってあげるだけで大丈夫です。

親が卵を温め始めると、巣周りのフン被害は一旦落ち着くでしょう。
しかしヒナが生まれると、今度はヒナがフンをし始めどんどん溜まっていきます。

掃除をしたくなるところですが、そのままぐっと我慢しておきましょう!
先ほど言ったとおりハトは自分のフンのにおいに安心しますので、安住場所をむやみやたらに奪わないように…。

あまりにも酷いのであれば、巣の周りに使い捨てのビニールシートを敷き詰めておいてある程度フンが溜まってきたら交換する方法をとると良いでしょう。除菌まではできませんが…。

巣立ちまで見守ることによるリスク

巣立ちまで見守る方は、ハトと共生するリスクを把握しておく必要があります。

1つめ:フン害、騒音などのハト被害

放置で拡大!?健康にも関わるハト被害でもお伝えしたように、フンに含まれる病原菌による感染症の恐れフンから害虫が発生する恐れがあります。

また、ハトの羽音や鳴き声などがうるさくて眠れないことも。

さらにベランダに住みつかれた場合、ハトがフンや羽を撒き散らすので洗濯物を干すこともできません。
これは、あなたの家だけの問題ではなく、近隣住民の方にも関わる問題ですので十分にお気をつけください。

2つめ:ハトにずっと住みつかれやすくなる

一度ヒナが巣立った場所は子育てをするのに安全とみなされ、ハトがより住みつきやすくなります。
巣立ったヒナがツガイを連れてやってきて巣を作る可能性もあり、気づいたらハトだらけなんてことにも。

ハトが増えれば、それだけ1つめのリスクも高まりますね。

もしハトの巣立ちを見送るのはもうこりごりだという場合には、巣立ちのあとすぐにハトよけ対策をする必要があります。

自分で駆除するには「申請」が必要

申請

「どうしても自分で駆除したい!」という方。

何度もお伝えしていることですが、ハトは鳥獣保護法によって保護されている生き物です。許可なくハトや卵、ヒナを傷つけることはできません。

ですので自分で行動に移す場合は、まず自治体に申請をすることになります。
被害によっては許可がおり、ハトの駆除が可能になります。

東京都であれば、複数の必要書類を環境局の申請窓口まで提出する必要があります。

野生鳥獣の捕獲について|東京都環境局のページに必要な申請書類が詳しく載っていますが、書類以外にも「被害状況の写真」や「捕獲等の方法を明らかにした図面」などを用意する必要があります。かなりの量です。

↓書類の記入例はコチラ。
鳥獣捕獲許可等申請書(第1号様式)

書類を用意するだけでも大変ですが、仮に用意できたとしても審査に通らなければ駆除の許可はおりません。
さらに、原則として「狩猟免許」が必要になります。

許可が下りた場合は、駆除結果までしっかり報告する義務もでてきます。

狩猟免許をとり、いくつもの書類を用意して、申請して…。
正直、フン掃除よりもめんどうな作業だと思います。

手っ取り早いのはハト対策業者に任せること!

業者

「ハトと一緒に住むのはイヤだし、自分でも駆除は難しい…」

そのような方にオススメで一番手っ取り早い方法は、ハト対策業者に依頼すること。他2つの対処法と違って大きなメリットがあります。

それは、「ハト被害がすぐ、しっかり解決する」ということです。

依頼すれば、あなたの代わりにハトの生態を知り尽くしたプロが作業をします。
清掃・除菌をくまなく行い、再来防止のための適切な対策も行いますのでハト被害はばっちり解決するでしょう。

フンのニオイやうるさい鳴き声からは解放され、ストレスのない平穏な日々が戻ってくるのです。
洗濯物だってフンなどを気にすることなく干すことができますね。

また、駆除申請に時間をかけずに済みます。

自治体での審査を受けようとするとやはり時間がかかってしまいます。
めんどうな書類を用意して審査を待っている間にもヒナが成長し続けるので、自分の手で撤去するのがかわいそうになってくるかもしれません…。

ハト対策業者に任せれば、手続きなどもすべてお任せして大丈夫ですので、あなたは何もする必要はありません。

ハト対策の料金相場

対策料金の相場としては、20,000円~になります。

業者を利用する際の料金は、被害状況(被害の面積、フンの量)や作業内容(対策の施工内容)によって変わってきます。

また、屋根の上など、はしごや足場が必要な高所での作業になるほど料金は高くなります。
一般の方でも作業が難しい危険な場所は、時間や準備もそれだけかかるので料金は高くなってしまうんですね。

業者によっては、作業が明らかに簡単なのに高額を請求するところもありますので注意してください!

業者を選ぶポイント

近年ではハト対策の需要も増え、ハト対策業者も増えてきました。

「どの業者に頼めばいいの…?」と迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、作業前に現地調査をし「作業内容の説明」と「見積り金額の提示」をしっかり行うところに頼むべきです。

現地調査後、作業の内容をしっかり説明しないまま見積もりを出す…そんな業者も残念ながらいるようです。
途中で勝手に追加作業を行い、そして最後に追加料金を請求してくるとのこと。非常に悪質ですね…。

業者に依頼したら、見積もりの時点で作業内容の説明があやふやであるなど「怪しいな」と思った時点で断りを入れた方が無難でしょう。

また、作業内容で分からない点や不明な点は遠慮なく作業員に質問しましょう。

依頼者側はハト対策のプロじゃないんですから、詳しい内容について分からないのは当たり前です。疑問点はすべて取っ払ってから作業をお願いする方が安心ですよね。

ちなみに私たちみんなのハト対策屋さんでは、お客様のご要望に合わせて、清掃から再来防止の対策まですべて行っています。

現地調査は無料で、お見積もりの際は作業内容をしっかりお伝えします。あとから追加料金を請求することもありません。

ハト被害にお困りの方は、お気軽にご相談くださいね。

今後作られないためのハト対策

フンをキレイに片付けて、巣も撤去した!よし、ハトはもう来ないだろう!

いいえ、それは甘いです…。

ハトは一度巣を作った場所にはしつこく執着してきますので、一度撤去したからといってハトが来なくなるわけではありません。
さらに、他のハトが巣をつくりにやってくる場合もあります。

ハトが来れば延々とフンの被害は続くのです。

掃除してもやってきて、また掃除してもやってきて…。毎日毎日、これから何年も掃除し続けるはめになるのはイヤですよね。

ですので巣の撤去後は、そもそもハトが来ないように対策をする必要があります。

では、一体どうしたらいいのでしょうか?
最後は、今後ハトに巣を作られないようにする対策法をお伝えしたいと思います。

狙われないよう常にキレイにしておく!

綺麗なベランダ

まずは、ハトに「ここはやめよう」とあきらめさせる必要があります。

新しくやってきたハトには「ここは子育てに向かなそうだぞ」と思わせる必要がありますね。

ハトは頭のいい生き物なので、一度ここはダメだと思ったところには二度と近づきません。
つまり、一度あきらめたハトは二度と来ないということです。

すぐできる方法としては、以下2つの方法が考えられます。

  • 死角をつくらない
  • こまめに掃除をする
死角をつくらない

できるだけ、ハトにとって安全な場所を減らしておきましょう。

特にベランダは、敵から身を守れて子育てもしやすい場所。ハトが住みつきやすいため、常にキレイにして余計なものを置かないようにします。

例えば、使わない荷物や家電は外に出しておかないようにしましょう。荷物に囲まれた狭い空間はハトの防護シェルターになってしまいます。

植木鉢の裏も巣を作られやすい場所の1つですので、植物を置いている方は注意です。

こまめに掃除をする

小枝の集まりを見つけたらすぐに片付ける。
フンは必ず掃除する。

このようなこまめな掃除も非常に大切になってきます。

最近ハトがくるな、と感じたら毎日軽くでもいいのでベランダの掃除をすることをオススメします。

また、ハトのエサになってしまいますので家庭ゴミをベランダに置いておくのはやめましょう。

めんどくさいとは思いますが、こまめに掃除をするということは「ハトが気に入っていた場所に頻繁に人が出入りすること」であるため、人の気配を感じたハトが怯えて巣を作りづらくなります。

実際にハト被害にあった方も「清潔にしておくこと」が大事だと痛感しているようです。

ハトが来ないようにすれば、そもそも料金はかかりません。
もう二度と被害を繰り返したくないですよね。根気強く対策していきましょう!

ハト対策グッズを利用するのも手

スパイク

ハトが来ないようにするには、ハト対策グッズを使うのも手です。

しつこくやってくるハトを物理的にシャットアウトするものや、ハトが不快に思うものなど様々なグッズがあります。

ハトは最初、「休憩場所・待機場所」として狙った場所にやってきます。この時点で「ここは危険だよ!居心地最悪だよ!」と教えてあげれば、比較的簡単にハトを追い払えます。

この時点だとハト被害もまだ少ないので、簡単なハト対策グッズでも効果を発揮しやすいです。

しかし夕方や夜にもハトを見かけるようになったら、いよいよハトの家として認定された可能性が高いです。こうなるとなかなか追い払うのが厄介…!ハト対策グッズも物によっては効果を発揮しづらくなります。

巣はないかの確認とフンの掃除は継続しつつ、物理的にハトを住みつかせないようにするグッズが効果的です。

もっとハトよけ対策を知りたい!他にも対策グッズを知りたい!という方は、コチラのハトよけ対策記事でより詳しく説明していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

テグス、ワイヤー

手すりなどに設置しハトがとまるのを防止します。

ピンと張ってしまうと逆にハトが安定してとまってしまうので、少したるませて張っておきます。

スパイク(針山)

室外機の上などハトがよくとまるところにすきまなく設置し、ハトがとまるのを防止します。

ハトの脚が届かない長さのものを使用しましょう。材質には安価なプラスチック製と丈夫な金属製がありますが、ハトにより不快感を与えるならば金属製を選ぶと良いでしょう。

忌避剤

ハトが嫌がる成分でハトを寄せつけないようにします。

スプレータイプと固形タイプ、ジェルタイプがありますが、スプレータイプのものは効き目時間が短いので繰り返し使用する必要があります。
ジェルタイプだとお値段が張りますが、ハトよけ効果が長時間持続するのでオススメです。

防鳥ネット(ハトよけネット)

物理的にハトが入り込むのを防ぎます。ハトが入るすき間のないように張るのが大切です。

マンションの場合は美観保全の観点で使用できない場合もあるので、対策の前に管理会社に確認してください。

パンチングメタル

屋根の上の対策がパンチングメタルです。太陽光パネル下にハトが入り込まないようにします。
値段が高めですが、防鳥ネットと同じく物理的で強力なシャットアウト方法です。

↑ここで紹介した方法は、すべてみんなのハト対策屋さんでも取り扱っているものになります!
自分で設置するのはめんどくさいなぁ、という場合はぜひご相談いただければと思います。

▶︎ハト対策依頼はコチラから

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハトは帰巣本能が強く、一度家だと認定した場所に何度でも帰ってきます。
それがハトのしつこさ、恐ろしさ。

ハトの巣が作られてしまったら、ハトの巣をただ捨てるだけではいけません。
ハトは自分のフンのにおいに安心感を覚えるので、フン掃除まで徹底的に行うことが大切なのです。

めんどうではありますが、ハト被害を食い止めるためにもフンの掃除も合わせて行いましょう!

また、ハトの巣を撤去した後も安心せず、もう二度とやって来ないようにハトよけ対策もするべき。
長期戦は覚悟しつつ、根気強く対策していきましょう。

もし、自分ではもう限界…!という場合には、私たちのような専門のハト対策業者もいますので、相談してみてくださいね。

みんなのハト対策屋さんでは、お客様のご要望にあわせてハトのフン掃除からハトよけ対策まですべて対応します。

ご相談されたい方は、こちらからご相談ください。